ノエル・ビリングスリー Noel Billingsly 9月16日(土)18:30開場 19:00開演


プロフィール Profile

 

英国人の父と日本人の母を持つ。15歳からエレキギターを独学で始め、19歳でクラシックギターに変更。

 

2000年に渡英、ロンドンのトリニティー・カレッジ・オブ・ミュージックに入学。在学中毎年優れた弦楽奏者に送られる賞Montague McCleeve’s Awardを受賞。ジョン・ミルズやグレアム・ディヴァイン、福田進一のマスタークラスを受講。

 

室内楽にも意欲を示し、2002年から2004年の間、英国ナショナル・ユース・ギター・アンサンブルに第一奏者として在籍。在籍中、英国内外の音楽フェスティバルで演奏。2002年には英国最大のギターフェスティバルである、バース国際ギターフェスティバルで、クラシックギターのレジェンド、ジョン・ウィリイアムズと共にステファン・ドジソンの”Watersmeet”を共演。2005年トリニティー・カレッジ・オブ・ミュージック弦楽器科をクラシックギターを始めてわずか6年で首席卒業。卒業後、ソリストとして、トリニティー・カレッジ・オーケストラと自身のために書かれたギター協奏曲を初演、また2006年にはオペラ公演のためオーケストラと共に英国ツアーを行う。

 

ソロ活動ではセント・マーティン・イン・ザ・フィールド、ナショナル・ポートレイト・ギャラリー、スペンサー・ハウスなどの格式高いホールでの演奏会を開き好評を得る。ブラジルツアー中に行った、レクチャーリサイタルやマスタークラスも高い評価を得る。2015年、第42回日本ギターコンクール2位なしの優勝。大阪府知事賞を受賞。2016年、第47回東京クラシカルギターコンクール優勝。2017年、沖縄大度室内楽団と沖縄在住ギタリストでは初となるアランフェス協奏曲を共演し、高い評価を得る。

 

クラシックギターをマイケル・ストラット、川上敏夫、ヴィンセント・クラーク、ローランド・ギャラリーの各氏に師事。