熊谷俊之 Toshiyuki Kumagai 9月17日(日)18:30開場  19:00開演

 

こちらの公演は満席となりました。キャンセルや当日券に関してはお問い合わせください。


予定プログラム

 

 A・カルレバーロ

南米風前奏曲

 

J・S・バッハ

組曲ホ短調BVW996

 

J・イルマル

バーデンジャズ組曲

 

M・M・ポンセ

主題・変奏と終曲

 

A・バリオス・マンゴレ

郷愁のショーロ

告白

プロフィール  Biography

 

熊谷 俊之  Toshiyuki Kumagai

 

オーストリア•ウィーン国立音楽大学大学院を審査員満場一致の最優秀で修了。第50回東京国際ギターコンクール2位、第7回ミゲル・リョベート・ギターコンクール3位、カタルーニャ現代音楽賞受賞(スペイン)、第14回アントニー・ギターコンクール2位(フランス) 他多数の国際コンクールに入賞している。

 

これまでに読売新人演奏会、HAKUJUギター・フェスティバル「旬のギタリスト」、ノルウェー室内楽フェスティバル(Norwegian Youth Chamber Music Festival)、リヒテンシュタインギターフェスティバルなど各国のフェスティバル等に出演し好評を博す。中でもウィーンでは楽友協会主催「若手音楽家」シリーズに選ばれ、弦楽四重奏を率いて単独ソロリサイタルを行った。

 

2012年に自身初となるソロアルバム「ソナタ~ボッケリーニ賛歌~」をリリースし、レコード芸術特選盤に選ばれる。2015年にはクラリネットとのデュオitodoのアルバム「Oirakanari」をリリース。

 

ルネッサンスから現代音楽までのレパートリーを取り入れ、他楽器との室内楽も頻繁に行っているが、中でもヴァイオリニスト白井圭氏と行った「ヴァイオリンとギターの世界」では従来にないアレンジによりレパートリー開拓をし大成功を収めた。

 

リュートをルチアーノ・コンティーニ氏、古楽をインゴマー•ライナー氏、ギターを高田元太郎、アルバロ・ピエッリ各氏に師事。

 

昭和音楽大学ギター科非常勤講師。